地方自治体の税収アップ|ふるさと納税のマル秘活用法を知ってみる|楽しくお礼品ゲット
風景

ふるさと納税のマル秘活用法を知ってみる|楽しくお礼品ゲット

地方自治体の税収アップ

肉

都道府県や市市町村などの地方自治体が、任意で行っているふるさと納税は、ふるさと寄付金とも呼ばれています。寄付金に納められた金額の、大部分が税額控除される日本の個人住民税です。地方における過疎化などが原因による税収の減少をサポートするために、提案された制度になります。控除される対象となるのは、ふるさと納税の金額が2,000円を超えた分です。さらに個人住民税所得割の概ね1割を上限とし、所得税と合わせられた金額が対象になります。人は成長するに従って、ふるさとを離れてしまうことも多いです。過疎化が進むふるさとへ、ふるさと納税という名称の寄付金をおくることで絆を再確認できます。市町村に比べると都道府県の場合は、郷愁を持たれにくいためふるさと納税が、集まりにくいという懸念があるのです。

この制度はふるさと納税という名称を使っているが、実際には寄付金になります。そこで一定以上の金額を寄付してくれた場合には、特典を設けている自治体も多いです。具体的には、自治体の名産品や特産品などが用意されています。これらの特産品は、各地の特色を生かしたもので人気が高いのです。従ってこの特典も納税者の、気持ちを揺さぶっているファクターの一つになります。人気の高い特産品を特典として用意した自治体に、ふるさと納税の寄付金が集中してしまったことがあるのです。各自治体が毎年それぞれの地方の特色を生かし、趣向を凝らした特典は見ているだけでも楽しめます。始めた当初は、特典のことが目立っていた制度ですが近年では、良い感じに落ち着いてきています。

徐々に認知度の高まっているふるさと納税ですが、2015年4月より税制が改正されたので今までよりもさらに利用しやすくなりました。大きく変わった点は二点であり。改正前は削除額が1割しかなかったのですが、改正後は2割程度まで広がりました。削除額が増えた事によって恩恵を受けられる一が増えるのは嬉しいポイントです。二つ目は、確定申告が不要になった事です。確定申告は基本的に毎年市役所に入って申請を行う必要がありました。しかし、確定申告が免除になったため、面倒な手続きが一つ少なくなったのです。ふるさと納税を配布する事になる自治体がまとめて郵送してくれるので私達は市役所まで足を運ぶ必要がなくなったのです。他にもメリットが色々とありますので、対処者であるのならば受け取った方が良いでしょう。